梅毒の感染力

梅毒の感染力

梅毒で陽性の反応が出るとほぼ梅毒に感染したことになるのですが、献血検査をして性病のチェックなども出来るので今は献血で検査をする方が増えてしまい今では陽性でもいちいち連絡しないということなので、梅毒に感染している可能性のある方は注意しましょう。

 

さてそんな梅毒の感染力なのですが、梅毒はウィルスなので感染経路は粘膜の接触が一番可能性が高いと言われております。キスをしたからそこで移ったというのは可能性としては低く、一般的に性行為が一番可能性が高いと言われております。口の中に傷があって感染しやすい可能性はありますが一般的に、性行為やオーラルセックスにより感染するようですのでキスのみの感染は低いと言っても言い過ぎではありません。
検査
梅毒は3週間3カ月3年と症状が出てきますので、感染すると3週間後くらいには症状が出始めるのです。感染から3ヶ月から3年程度の第2期症状として赤い斑点が現れ始めます。この症状はこの第2期のうちに現れて数週間ほどで消えてしまいますがただ潜伏しただけで完治はしておりません。内部や内臓などを侵して行きます。これが梅毒が怖いと言われるゆえんなのでもあるのですが。感染力は強烈ではないのですが、やはり性行為などでは粘膜の接触は避けられませんので、感染する可能性は高いと言えるでしょうね。